処暑の読み方は? 夏を示す? 秋を示す?

08月

暦を表わす言葉に「二十四節気」というものがあります。

今回はこの中から「処暑」について説明します。

あなたは「処暑」という言葉を読めますか?

そして時期や意味を説明できるでしょうか。

「暑」という字がついているから、夏のことではないかな、と思います?

以下みていきましょう。

1. 処暑の意味

「処暑」とは「しょしょ」と読みます。毎年8月23日頃を指します。

2019年も、8月23日が処暑となります。

「処暑」の意味は、「暑さもようやくおさまり、朝夕は初秋の気配がただよいます」と説明されています。

実際にはまだ暑さが残っていますよね。

2. 立秋より前? 後?

ではここで問題です。処暑は「暑さがおさまる」という意味ですが、「立秋」とはどちらが先でしょう。

答えは「立秋」です。8月7日頃が「立秋」で、暦の上では秋になります。

「処暑」は「立秋」の後ですから、夏を示す言葉ではなく、秋を示す言葉であることがわかります。

そして暑中見舞いを出す時期は、立秋までとされています。

立秋をすぎると、「残暑見舞い」になります。

残暑見舞いを出す期間は、処暑の候(8月23日~9月8日)です。暑中見舞いをいただいて、お返しをしていないときには、忘れずに残暑見舞いを出しましょう。

3. かもめーるは8月中に出そう

郵便局で販売されている「かもめーる」という暑中見舞い用ハガキがあります。

かもめーるを使って暑中(残暑)見舞いを出す時には、8月末までにだすようにしましょう。
それというのも、かもめーるの賞品の当選発表が9月初めに行なわれるからです。

ちなみにかもめーるは6月1日から販売されています。

4. 処暑の頃は台風が多い?

話を処暑に戻します。この頃は、台風が多いことで知られています。

たとえば、二百十日(9月1日頃)。立春の日から数えて二百十日目をいいます。

この日は「台風特異日」と呼ばれ、昔から台風の被害に警戒が必要な日でした。

特に稲作農家には大問題だったのです。

今では農家だけではなく、市街地でも被害が発生することがあります。

ちなみに2018年は台風の多い年でした。

最大風速54m/s以上の「猛烈な強さ」まで発達した台風は7個で、データのある1977年以降で、これまで最多だった1983年の6個を上回った。

甚大な被害をもたらす記録的な台風が多い1年だったと言える。

発生した29個の台風のうち日本へ接近した台風は平年値の11.4個を上回る15個で、そのうち日本へ上陸した台風の5個という数字は平年の2.7個の約2倍の多さだ。

出典:FNNPRIME

5. 処暑の頃に食べるもの

処暑の頃に食べるものといえば、なんといってもサンマの塩焼きです。

新鮮なサンマでしたら、ワタごと食べられるそうです。

ワタにも栄養が含まれていますよ。

父さん
父さん

サンマの塩焼きと聞いただけでよだれがでてくるよ

 

母さん
母さん

大根おろしも忘れないようにしましょう

6. まとめ

以上、「処暑」の読み方と意味について、関連する事柄も含めてみてきました。処暑に限らず、旬の食べ物をいただくというのは、健康にもよいことです。

旬の食材を知るためにも、暦を大切にしよう

参考

立春・立夏・立秋・立冬 2018と2019の比較 旧暦とは何か
この記事では、立春・立夏・立秋・立冬の2018年と2019年の日付の比較、二十四節気について説明します。また、「旧暦」についても調べました。昔の暦に基づく、立春を初めとする二十四節気について、なにかと話題になることが多いですよね。その意味を...

人気ブログランキングはこちら

アイキャッチ画像:はなたれ君さんによる写真ACからの写真)

写真:ガイムさんによる写真ACからの写真

08月
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!