精神病の症状は人それぞれ。あなたは自分にあった対応ができる?

症状

当たり前のことですが、一口に「精神病」といってもさまざまなものがあります。症状も人それぞれ違います。自分の症状は自分が治します。

1.うつ・統合失調症の症状

私が前に入院していたときに、一番つらかったのは「不眠」でした。

追加の睡眠薬を飲んでも眠れない。

一日3時間睡眠なんていうこともザラでした。

それでも病院では昼寝している時間はありません。

(今、考えれば、自分の部屋のベッドで昼間寝ていてもよかったのかな、と思います)

私はうつ病、統合失調症と診断されました。

もっといえば、自律神経失調症、転換性障害などと呼ばれたことがあります。

以前に主治医の先生に「私は他の人に、自分はなんという病気だといえばいいんでしょう」と尋ねたことがあります。

先生は、「『統合失調症』という言葉には抵抗を感じる人が多いからね」とおっしゃって、自律神経失調症でよいのではないかと答えてくれました。

いまは包み隠さず「統合失調症」と名乗っています。

2.現在の症状

現在悩まされているのは、まず早朝覚醒です。これは週に1度くらいで、それほど頻繁に起こるわけではありません。早朝覚醒とは、午前4時頃目が覚めて、それきり眠れなくなってしまうことです。

過去に苦労していた「寝付きが悪い」ということはほぼなくなりました。
睡眠薬が効いているのでしょう、布団に入って10分で眠れます。

それから昼食後、座椅子に座ったまま、30分くらい目を閉じます。しばらくすると眠ってしまいます。スマホのタイマーで30分にセットしておくので、眠りすぎるということはありません。

もうひとつは「おっくう感」です。何事にもやる気が起きない。自分でも「ネガティブ思考だな」と思いつつも、「面倒だな」という気持ちになってしまうのです。

今朝も起きて「面倒だな」という気分に襲われたので、なんとか自力で解決する方法を考えました。

まず、朝食のコーヒーをオレンジジュースに変えます。

そして3時間くらいたってから、コーヒーをいれます。カップの上にセットして、上からお湯を注いで入れる使い捨てタイプのコーヒーです。

それでも紙パックのアイスコーヒーをレンジで温めるよりは、ずっとおいしい味がします。

いつもなら午前中にドリンク剤を飲むところですが、今日は我慢します。

3.自分の心の医師になる

もう何年も前になりますが、病院の作業療法に通っていたことがあります。作業療法の担当の職員の方が、こんなことをおっしゃっていました。

「自分の具合が悪くなったとき、どう対処すればいいかは、自分で見つけるしかない。医師が教えてくれるわけではないし、本に書いてあるわけでもない。自分で治す方法を見つけなければならない」

本を読むことに熱中していた私には、はっと気づかされる内容でした。

自分が自分の心の医師になる。

これは自分を観察するもう一人の自分、ということでしょうか。

あるいは自分の中にある、「無限の力」のことでしょうか。

なんにせよ、自分の気分は選択できます。ネガティブであっても、ポジティブであっても。

ネガティブな気分になると、Twitterでそのことをツイートしたくなります。ですがそのツイートを見てだれが良い気分になれるでしょうか。ですので、ネガティブツイートはぐっと我慢します。

4.まとめ

コーヒーが効いてきました。「面倒だな」と思う気持ちはいつしか消えて、こうやってブログ記事のストックを作ることができました。

多少不安感が残っていますが、抗不安薬を飲むほどひどくはありません。

「今日も一日無事で過ごせますように」と潜在意識にお願いします。

関連記事>心を浄化する魔法の言葉

○今日の名言

人間は自然のうちで最も弱い
一本の葦にすぎない。
しかし、それは考える葦である。
(パスカル)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

症状
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!