simejiキーボードが普通のに戻る!その対策はコレだ

simeji 一般

あなたはスマートフォン用日本語入力アプリ、「Simeji」をご存じでしょうか。

絵文字、顔文字などがすぐに使えて便利なものです。

しかしユーザーからは、「Simejiを入れたのに元の(普通の)キーボードに戻ってしまう」という悩みがあがっています。

私の環境はPhone7、iOS13.7、Simejiのバージョン9.2.1で、そのようなことはないのですが、実際に困っている方がいるようなので、調べてみました。

1.Simejiキーボード公式サイトのFAQ

Simeji公式サイトに次のような記述があります。

Q.キーボードがiOS標準キーボードに戻ってしまう
A.インストール・アップデート直後やスリープ解除時に標準のキーボードに戻ってしまう場合は、一度端末の再起動をお試しください

引用元:公式サイトのよくあるお問い合わせ

2.そもそもSimejiをインストールする際に出る警告

iPhoneでは標準キーボードからSimejiに変更する際に警告がでます。

Simejiへの変更は「設定」→「一般」→「キーボード」で行ないます。

ここで「他社製キーボード」という表示が出て、
「これらのキーボードは、銀行口座番号、クレジットカード番号、住所、およびその他の個人情報や機密情報など、あなたが入力するすべてのデータにアクセスできます」
「フルアクセスを許可した場合、あなたが入力するデータへのアクセス、収集、および送信をデベロッパに許可することになります」という警告が表示されます。

注:フルアクセスとは フルアクセスを許可すると、絵文字の入力候補が増えます。フルアクセスを許可しない状態では、絵文字の選択が「自作」「面白い」「動物」となっていますが、許可すると「てれる」「はずかしい」「わくわく」「どきどき」「あせ」「ねむい」「おっけー」「ぐっど」と増えるのです。絵文字入力はSimejiの魅力なので、使うならフルアクセスやむなしかなと思います。

3.Simeji側の対策で普通のキーボードに戻る例

Simeji側の対策としては、「アプリを購入するなどパスワードを入力する際は自動的にiOS標準のキーボードに切り替わります」とされています。

これは安全対策からこのような仕組みになっているので、標準キーボードに戻ってしまうことは避けられません。

いくらSimejiを使いたいからといって、Simeji以外のすべてのキーボードを削除してしまうことはオススメできません。

4.キーボードが普通のに戻る対策

個人情報

以上述べたように、Simejiキーボードが普通のに戻ってしまう対策としては、再起動くらいしか考えられないのですが、そもそもの疑問点として本当に個人情報対策が適切に行なわれているのかというものがあります。

Simejiを開発しているバイドゥという中国の会社は、文字を送らないという設定にしてたのに無視して送っていた事がありニュースになりました。その他にも数ヶ月ごとにニュースで取り上げられるような問題を起こしています。

引用元:Yahoo知恵袋

5.Simejiキーボードを使うのは自己責任

実は私は先日、Simejiキーボードは危険だから使わないようにする、とブログに書きながら、しばらくたってまたSimejiキーボードを使っていたのです。

しかし今回調べてみて、Simejiキーボードを使うのは自己責任だなと感じました。

私はパソコンで買い物をするので、スマートフォンに銀行口座番号、クレジットカード番号、住所などを入力することはないのですが、やはりSimejiキーボードを使うのはやめにしました

Simejiキーボードから標準キーボードに戻す方法は以下の記事で説明しています。

>>関連記事 スマホのSimejiは危険?キーボードを元に戻す方法(iPhone)

父さん
父さん

君子危うきに近寄らずというからな

母さん
母さん

個人情報は自分で守るしかありません

6.まとめ Simejiキーボードが普通のに戻るときの対策は再起動

今回の記事は、Simejiキーボードが普通のに戻ることへの対策として書き始めましたが、調べていくうちに、Simejiキーボードを使うことが不安になってきたため、Simejiキーボードは使わないという結論になってしまいました。

それでもSimejiキーボードを使いたいと思っている方は、個人情報を入力しないように注意しましょう。

Simejiが普通のに戻るときの対策は再起動
Simejiキーボードには個人情報を入力しない

ブログランキングに登録しました。1日1回、ぽちっと応援よろしくお願いします。

備忘録・雑記ランキング
一般
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました