サマータイム 導入断念 メリット・デメリットは? 制度をわかりやすく

お役立ち・豆知識

この記事では、自民党が検討していた「サマータイムの導入」を断念した、というニュースを受けて、そもそもサマータイムとはどういうものか、サマータイムのメリット・デメリットを、わかりやすく紹介します。

1.サマータイムをわかりやすく言うと

自民党は2018年10月31日、サマータイムの2020年までの導入を断念した、と報じられました。

2020年の東京オリンピックに向けて導入を検討していたものです。

さて、「サマータイム」とはどういう意味でしょうか。
「サマータイム」という言葉を知っていても、あなたは意味を人に説明できますか?

夏の間、時計を1時間進めること

サマータイムとは、夏の間に時計を1時間進めることを意味します。

たとえば、実際の午前6時は、午前7時として扱われることになります。

では、世界的にみて、サマータイムを導入している国はどれくらいあるのでしょう?

答えは、約60か国です。アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、ブラジルなどがサマータイムを導入しています。

サマータイムの具体例として、アメリカの場合で説明します。

3月の第2日曜日午前2時~11月の第1日曜日午前2時」がサマータイムとされていて、朝1時間早く起きる必要があります。

先ほどの時計の例でいえば、サマータイム開始の3月の第2日曜日、夜中に時計の針が1時間進むことになります。

そのため、今まで午前7時に起床していた人は、午前6時に起床する必要があります。

サマータイムが始まる前の夜に、時計の針を1時間早めておくわけです。

2.サマータイムのメリット

サマータイムのメリットは以下の3点があげられます。

1.省エネ
2.個人消費の拡大
3.東京オリンピックの暑さ対策

順に説明していきます。

1.省エネ

2019年の夏至は6月22日です。

東京の2019年6月22日の日の出は4時26分、日の入りは19時00分です。

たとえば午後6時に照明をつける決まりがあったとします。しかしサマータイム実施中は、太陽はまだ午後5時の位置にあるので、明るいわけです。そこで照明をつけるのを午後7時にします。これが省エネ(照明の節約)です。

2.個人消費の拡大

就業時刻の終了が午後5時だとします。太陽の位置はまだ午後4時です。そこで、終業時刻の終了後、飲食店などに行ってお金を使う時間が増えます。これが個人消費の拡大です。

3.東京オリンピックの暑さ対策

2020年7月24日から8月9日まで、東京オリンピックが開催されます。

この時期の暑さ対策として、6月~8月限定でサマータイム導入の検討が行なわれていました。

たとえば、サマータイムで2時間時計の針を進めたとします。マラソンを午前5時スタートにできれば、太陽が高くなる前に競技を終了できます。これが暑さ対策です。

3.サマータイムのデメリット

続いて、サマータイムのデメリットについてあげていきます。

1.コンピューターシステムの問題
2.社会が混乱する
3.労働時間の増加

こちらも順にみていきましょう。

1.コンピューターシステムの問題

1年で2回、時計を調節しなければならないので、管理が大変になることが予測できます。

以前、コンピューターの「2000年問題」というものがありました。これは、1999年から2000年に変わるにあたって、システムにトラブルが発生しないか、担当者たちが待機を行なったものです。

2.社会が混乱する

野口悠紀雄さんが『「超」英語法』(講談社文庫)で述べていることです。

イギリスにいたとき、サマータイムが始まった朝、会議に出てみると、会議はもう進行中だったとのこと。周りの人は、前の夜、全然教えてくれなかったそうです。
このように、社会が混乱する可能性があります。

3.労働時間の増加

これは、明るい夕方の時間に残業を余儀なくされるという指摘です。ただでさえ長時間労働による過労死が問題になっているのに、それに拍車をかけるものだとされているのです。

4.自民党が2020年のサマータイム導入を断念した理由

国民の日常生活に大きな影響が生じる

自民党が2020年のサマータイム導入を断念した理由として、「国民の日常生活に大きな影響が生じる」ということがあげられています。

オリンピックの暑さ対策なら、オリンピックの競技時間を変更すれば済むことで、国民全般に影響を与える必要はありません。

ちなみに、日本でもサマータイムが導入された過去があることをご存じだったでしょうか。

戦後、GHQの指導により、1948年から51年まで3年間導入されていたのです。

導入後、廃止された理由は、「世論調査での反対意見が大きかった」ことです。

なお、ヨーロッパでもサマータイム廃止の動きがあります。

欧州連合(EU)で、夏に時計を1時間進めるサマータイム(夏時間)制度について廃止を検討する動きが出ている。EUの行政機能を担う欧州委員会のユンケル委員長が明らかにした。 ユンケル委員長によれば、サマータイム制度について大規模な調査を行ったところ、EU域内の80%以上が制度の廃止を希望したという。

CNNより引用

5.まとめ

私は導入断念に賛成します。
なんといっても社会的コストがかかりすぎる、また個人的にメリットが感じられない(夕方に外食するわけでもなく、むしろ体調への悪影響が心配)からです。

以上、自民党が「サマータイムの導入」を断念した、というニュースと、サマータイムの意味、メリット・デメリットを紹介してきました。

オリンピックの暑さ対策は確かに必要なことですから、十分に検討し実施するべきでしょう。

オリンピックの暑さ対策はサマータイム以外で

○今日の名言

時々は失敗することを覚悟できないなら、
チャンスもない。
(ウディ・アレン)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

お役立ち・豆知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!