諸行無常の類語・対義語・英語表現は?平家物語が由来?

諸行無常 考え方

あなたは「諸行無常」という言葉を知っているでしょうか。

とあるサイトに、現代ではあまり使われなくなった、と書いてあるのを見て、驚きました。

私の心の中では今でも生きている言葉だからです。

また堀江貴文さんの座右の銘が「諸行無常」であると聞きました。

今回は「諸行無常」の由来、類語、対義語、英語表現について見ていきます。

スポンサーリンク

1.「諸行無常」は平家物語が由来?

学校で「平家物語」について学んだ記憶はありますか?

私は小学生の時に冒頭部分を暗記させられました。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」と始まります。

「平家物語」は鎌倉時代に作成されたといわれています。

作者については吉田兼好の書いた「徒然草」の中で「信濃前司行長(しなののぜんじゆきなが)」だとされていますが、琵琶法師たちによって語り継がれたものであり、特定の一人が作者だとは言いがたいようです。

「祇園精舎」とは、インドでブッダが説法をしたといわれるお寺です。

そして「諸行無常」という言葉は、「平家物語」で初めて用いられた言葉ではなく、仏教用語です。

2.「諸行無常」の意味

「諸行無常(しょぎょうむじょう)」とは、「世の中のすべてのものは日々変化して、同じであるものはない」という意味です。

仏教の三法印(三つの根本的な理念)のひとつです。

他の二つは、「諸法無我(しょほうむが)」と「涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)」です。

「諸法無我」とはものごとのすべては因縁によって生じるものであり、たったひとつの存在ということはないという意味です。

また「涅槃寂静」とは煩悩の炎を消すことができれば生きながら「苦」から免れ、悟りの境地に達することを意味します。

3.「諸行無常」の類語

「諸行無常」の類語を示します。

3-1.「盛者必衰(じょうしゃひっすい)」

この言葉も平家物語の冒頭に出てくるものです。勢いのいい者も、この世が「無常」であるかぎりいつかは滅びるという意味です。

平家物語で語られる栄華を極めた平氏も、20年ほどで源氏によって滅ぼされてしまいます。

3-2.「会者定離(えしゃじょうり)」

出会いがあれば、必ず別れがある。先日、娘夫婦、孫、息子夫婦が私の家に集まりました。

皆が帰ったあと、私はぼんやりとしながら「いつかはみんなと別れなければならないのだな」と考えていました。

それはとても悲しいことですが、だからこそ、今の出会いを大切にしなければいけないと感じました。

3-3.「生者必滅(しょうじゃひつめつ)」

これは諸行無常を人の一生にあてはめたもので、生まれてきたものは、いつかは亡くなるものだということを表わします。

私は時として自分が早く死んでしまうかもしれない、と思いつつ、潜在意識にそれを植え付けると本当に早く死んでしまうので、できるだけ長生きすると思い直すようにしています。

神様は私に統合失調症という試練を与えました。そうならば、逆に長生きしてみせる、と願うのです。

3-4.「方丈記」にも

類語ではありませんが、鴨長明の「方丈記」は次の言葉で始まります。

「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし」

これも小学生の時に暗記させられたものですが、やはり「無常」を感じさせます。

4.「諸行無常」の対義語

「諸行無常」の対義語には次のようなものがあります。

4-1.「万古不易(ばんこふえき)」

「万古」とは永久の意味で、「不易」とは変わらないという意味です。こちらは「諸行無常」と違い、個人的にはあまり使わない言葉です。

4-2.「永久不滅(えいきゅうふめつ」

これは文字通りの言葉ですね。カードで「永久不滅ポイント」などと使われたりします。

4-3.「恒常不変(こうじょうふへん)」

体温や血圧を一定値に保つ働きのことを「恒常性」といいます。

「ホメオスタシス」という言葉を聞いた人もいるのでは?

「恒常不変」という言葉もいささかなじみのない言葉かもしれません。

父さん
父さん

なんといっても「諸行無常」の印象が強いな

母さん
母さん

父さんは詩人なんですか

5.「諸行無常」の英語表現

「諸行無常」の英語表現は以下のとおりです。

Nothing is permanent.(永久なものは何もない)

Everything is changing all the time.(すべてのものは常に変わり続ける)

仏教徒でない英語圏の人たちに、「諸行無常」はどこまで伝わるのでしょうか。

6.まとめ 「諸行無常」の意味がわかりましたか

以上、「諸行無常」をいろいろな面からみてきました。

諸行無常と聞くとなんだか寂しい気もしますが、いい意味で活用することもできるでしょう。

「平家物語」や「方丈記」を暗記させてくれた小学校の担任の先生には感謝しています。

今でも年賀状と暑中見舞いのやりとりをしています。

諸行無常は平家物語で有名
もともと仏教の三法印の言葉だった

ブログランキングに登録しました。1日1回、ぽちっと応援よろしくお願いします。

備忘録・雑記ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました