消防記念日(3月7日)の由来と東日本大震災での消防の殉職

03月

「カン、カン、カン。こちらは○○市消防団第○分団です」

夜、遠くの方から巡回する消防車のアナウンスが聞こえてきます。

3月7日は消防記念日

しかしまだ認知度は低いと感じます。

なぜ3月7日が消防記念日になったのか、その由来と、2011年3月11日に発生した東日本大震災での消防の殉職について説明します。

1. 消防記念日の由来

消防記念日が3月7日と制定された由来はなんでしょう?

かつて明治時代、消防は警察の中の組織でした。

第二次大戦後、消防組織の見直しが行なわれました。

1948(昭和23)年3月7日、「消防組織法」が制定され、消防は警察から独立しました。

そしてその2年後、国家消防庁(現在の総務省消防庁)により、3月7日が消防記念日と定められたのです。

2. 春の全国火災予防運動

3月7日の消防記念日に先立つ、3月1日から3月7日まで、「春の全国火災予防運動」が行なわれます。

2018年の「春の全国火災予防運動」の全国統一防火標語は、『火の用心 ことばを形に 習慣に』でした。

この期間のイベントとしては、消防車の一斉放水、はしご車の体験乗車などがあります。

東京消防庁では、2018年2月27日に、女優のトリンドル玲奈さんを一日消防署長に迎えて、「消防フェス2018in池袋」が実施されました。

このイベントでは、消防演習、一日消防署長感謝状贈呈式、東京消防庁音楽隊の演奏、トークショーなどが行なわれました。

3. 消防職員と消防団員の違い

消防職員と消防団員の違いは何でしょう?

消防職員は、公務員で、24時間体制で働いています。消防のプロですね。

これと比べて、消防団員は、公務員ですが、非常勤となります。

普段は会社勤めや自営業に携わっている人が、消防団員として活動しているわけです。

消防職員が公務員試験を受けなければいけないのとは異なり、消防団員は18歳以上で健康な人であれば、在住・在勤の地域の消防団に入ることができます。

消防職員が大変な仕事であることはもちろんのこと、消防団員になってくださる方には感謝してもしきれません。

本当に偉いと思います。

4. 東日本大震災での消防職員・消防団員

2011年3月11日の東日本大震災では、消防職員が20人殉職、8人が行方不明となっています。また消防団員は、254人が殉職、2人が行方不明となっています。

消防団員が殉職、もしくは行方不明になったのは地域の水門を閉めている、もしくは閉めた後の水門に関する活動に関して、もしくは高齢者や避難で介助の必要な人の誘導、津波に流されそうになっている人を救出している最中に一緒に津波に飲まれる、または避難指示に従わない人や日本語が通じない外国人に対して説得や説明を行っている最中などにいずれも津波に一緒にのまれて犠牲となっています。

公務員総研のサイトより引用

父さん
父さん

いたましい話だな

 

母さん
母さん

ほんと、言葉も出ませんね

5. 東日本大震災の犠牲者そのもの

もうご存じかもしれませんが、東日本大震災の犠牲者全体についてあらてめてみてみます。

死者1万5893人、行方不明者2553人となっています(2017年3月時点)。

いかに多くの方が犠牲になったのか。胸がつぶれる思いがします。

ご冥福をお祈りするばかりです。

6. まとめ

以上、3月7日の消防記念日の由来と、東日本大震災での消防職員・消防団員の犠牲者についてみてきました。

たとえば東日本大震災では、ふだんは自動で水門を閉める訓練しかしておらず、手動での訓練がなかったという例があります。

しかし、実際には自動装置が故障し、手動で閉めなければなりませんでした。

そのやり方がわからずに、被害に遭われた方もいます。

あらゆる場合を想定し日頃の訓練を充実しよう

人気ブログランキングはこちら

03月
スポンサーリンク
トモをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました