台風はなぜ発生する? 台風10号の影響&伊勢湾台風の被害は

台風 ニュース

2019年8月15日、台風10号が西日本に上陸する見込みです。

広範囲に影響が見られます。

そもそも台風はなぜ発生するのでしょうか?

また、過去に甚大な被害をもたらした伊勢湾台風について説明します。

1. 台風の定義

まず台風の定義からみていきましょう。

台風とは、熱帯低気圧(熱帯の海上で発生する低気圧)のうち、最大風速が秒速17.2m(34ノット)を超えるものを指します。

台風は年が変わるごとに、気象庁が1号から順に番号を付けていきます。

2. 台風はなぜ発生するの?

台風発生のメカニズムは以下のとおりです。

海水面の温度が26度以上の時、太陽の熱により海水が温められて、水蒸気となります。

水蒸気は、空気より軽いので上昇していきます。

空気が上昇するので、海面を押す圧力が下がり、低気圧となります。

上空では気温が低いため、水蒸気(上昇気流)が冷やされて雲ができます。

水蒸気が冷やされて水滴になるときに、熱が発生します。

その熱がさらに上昇気流を強めていきます。

こうしてできた大きな渦が、熱帯低気圧です。

そのうち勢力が強いものを台風と呼ぶのです。

3. 台風は上陸すると弱まる?

台風の勢力は、気圧により示されます。

天気予報でも台風の中心気圧は○○ヘクトパスカルといいますね。

上昇気流が強くなると気圧が低くなり、気圧が低くなると上昇気流で風が強くなる、ということを繰り返して勢力が増していくわけです。

台風の発生には水蒸気が欠かせません。

陸地では、水蒸気が発生しないので、台風は上陸すると勢力が弱まると言われています。

4. 2019年8月15日台風10号

2019年の台風10号は、8月15日に中国・四国地方に上陸する見込みです。

午前9時に愛媛県宇和島市の周辺に、15時頃には広島市の周辺に進む予想です。

出典:ウェザーニュース

今回の台風は雨量が多いことが特徴で、四国地方や、紀伊半島の南部で大雨が予想されています。

四国では24時間に1000mmを超える雨が降る見込みです。

JR西日本は15日、山陽新幹線新大阪-小倉駅間の運転を始発から終日、見合わせると発表。九州新幹線や東海道新幹線も本数を減らし、運行するという。(略)徳島の阿波踊りも中止、高校野球も15日は中止です。乃木坂46やKAT-TUNの15日公演も中止となりました。

出典:Yahoo!ニュース

私の住む関東地方でも、台風による影響がでるようです。

父さん
父さん

台風ではないんだろうが、14日の雨もすごかったな

母さん
母さん

洗濯物を出したりひっこめたりでした

5. 低気圧で身体の症状が出る人もいる

低気圧によって、頭痛、めまい、耳鳴りなどの身体症状が現われる人もいるとのことです。

気圧の変化により、自律神経に乱れがでてしまうのがその原因です。

よく高層ビルのエレベーターに乗るときに耳がつーんとしますよね。

これもおなじ原理です。

6. 伊勢湾台風とは

1959(昭和34)年、伊勢湾に台風が上陸して、東日本と北日本を通りました。

このとき、高潮などが原因で、全国で死者4,697名、行方不明401名という大きな被害が出ています。

その後さまざまな対策により、大規模被害は防げていますが、現在でも台風による人的被害が発生しています。

7. まとめ

以上、台風がなぜ発生するのか、また今回の台風10号や過去の伊勢湾台風について説明してきました。

浸水、土砂災害などの危険を避けるため、地元の気象台や自治体が発表するニュースを必ずチェックしましょう。

ポイント

  • 台風は熱帯低気圧の強いもの
  • 低気圧で身体症状も
  • 伊勢湾台風の被害

(アイキャッチ画像:ドミさんによる写真ACからの写真)

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!