フォーブス日本長者番付2020!第5位は高原豪久氏

ニュース

アメリカの経済誌「フォーブス」で、毎年日本の長者番付が発表されています。
2020年について見ていきましょう。今回は第5位の高原豪久氏に着目します。

1.日本長者番付1位~5位

その前に、1位~4位を確認しておきましょう。
1位 柳井正(71)ファーストリテイリング
2位 孫正義(62)ソフトバンク
3位 滝崎竹光(74)キーエンス
4位 佐治信忠(74)サントリー

この中で3位の滝崎氏については知らない方もいるかもしれません。

関連記事をどうぞ。

>>関連記事 長者番付3位! 滝崎武光の自宅は? キーエンスってどんな会社?

2.高原豪久氏とは

高原豪久(たかはら・たかひさ)氏(58)はユニ・チャームの2代目社長。

ユニ・チャームというと生理用品しか思い浮かびませんが、今では子ども用から大人用の紙おむつなどを販売しています。

1961(昭和36)年、父親の高原慶一朗氏が、大成化工株式会社を設立しました。

建材の製造会社でした。

1963(昭和38)年、生理用品の販売を開始します。

いったいどこからアイデアをもってきたのでしょう。

高原豪久氏は2001年から2代目の社長となっています。

2018年に父親の高原慶一朗氏が亡くなりました。

3.高原豪久氏の家は

父親の家が地元の愛媛県と東京都港区にありましたので、そのまま遺産として引き継いだと考えられます。

もっとも高原豪久氏には姉妹が2人いるとのことですので、遺産相続は分割されたのかもしれません。

ネットで検索すると家の画像が出てきますが、本人の家かどうか確認できないため、この記事では掲載しません。

4.高原豪久氏の妻・子どもは

妻の名前は高島和香子さんだとのことですが、どんな方か、いつ結婚されたのかは明らかではありません。

またお子さんの情報もみつかりませんでした。

5.会社のグローバル化

高原豪久氏は、ユニ・チャームの世界進出に大きな役割を果たしています。

なんでも高校生時代に留学して英語が堪能だとか。

きっと海外進出を引っ張っていったのでしょう。

大人用の紙おむつの販売は、今後高齢化が進むにつれて、ますます市場が拡大していくことでしょう。

また意外なのがペット関連用品も手がけているそうです。

生理用品、紙おむつについて、次々と新製品を発売しています。

父さん
父さん

従業員は単体で1,400人、連結で16,000人いるそうだ

母さん
母さん

まさに大企業ですね

6.まとめ

高原豪久氏は、フォーブスの日本長者番付で、前年7位から4位へとランクをあげています。

ウチの孫も2歳で紙おむつをはいていますし、母(88歳)も認知症になって紙おむつを使っています。ちなみに母は入院中です。

それにしてもユニ・チャームの社長が長者番付4位とは驚きでした。

  • 高原豪久氏はユニ・チャームの2代目社長
  • ユニ・チャームは海外進出を果たした

ブログランキングに登録しました。1日1回、ぽちっと応援よろしくお願いします。


備忘録・雑記ランキング

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました