東京の高尾山は小学生でも可能? 紅葉シーズンは混雑も気をつけて

名所・旧跡

都心から近い、八王子市にある高尾山。人気のスポットで、一年中混雑しています。

高尾山は小学生連れでも登山可能でしょうか? 注意すべき点は?

1.紅葉まつり

高尾山では11月1日~30日まで、「紅葉まつり」が開催されます。一年で行楽客がもっとも多いシーズンです。

土日祝は、ケーブルカー清滝駅(ふもと側)前で、太鼓や民謡踊りなどが披露されます。

私は、小学校高学年の時代に、八王子市の隣の日野市というところに住んでいました。
小学校4年、5年の遠足は高尾山でした。

小学生でも十分登山可能ですよ。

ケーブルカーやリフトもありますので、そちらを利用するのも手です。

ケーブルカーは午前8時から営業、二人乗りリフトは午前9時から営業です。

ですので、午前8時に到着するようにすれば、何時間も待たずに済むと思われます。

もちろん、小学生のお子さんでも、ケーブルカーなしで登山することはできますよ。

ケーブルカーは片道6分、135人運ぶことができます。ケーブルカーの勾配としては日本一なんですって。

ケーブルカーは小学生から小児料金で、片道240円、往復460円。
大人料金は片道480円、往復930円です。

大人になって高尾山へ行ったとき、ちんたら歩いていたら幼稚園児らしき一団に追い抜かれました(笑)。

2.高尾山へのアクセス

高尾山へのアクセスは、電車の場合、京王線が便利です。新宿駅から高尾山口駅までの料金が大人390円。1時間ほどで着きます。

JRだと新宿から高尾まで550円です。

車の場合、シーズン中、高尾山付近の駐車場は朝から満車になってしまうそうです。そこで、京王線で高尾山口の隣の駅、高尾駅付近の駐車場を利用するのがよいでしょう。

3.持って行くもの・トイレ状況

高尾山の標高は599m。登山靴であればベターですが、普段履き慣れた運動靴で十分です。
順路も舗装されているそうですよ。(一部の順路を除く)

持ち物ですが、雨具(急な天気の変更が考えられるので)、上着(脱ぎ着して調節できるものがよいでしょう)、お弁当などでしょうか。食堂もありますので、お弁当はなくても大丈夫です。

そして気になるトイレ状況です。

京王線高尾山口駅に、20人以上対応のトイレがありますので、登山の前に済ませておきましょう。

ケーブルカーの出発点、清滝駅、到着点 高尾山駅にもそれぞれトイレがあります。

4.高尾599ミュージアム

京王線高尾山口駅のそばに、「高尾599ミュージアム」という施設があります。高尾山で見られる動植物が展示されているそうです。

カフェや地元の木材を利用したお土産の売り場もあり、休憩がてら、登山後に寄ってみるのもよいのではないでしょうか。季節ごとのイベントもあります。

5.高尾山へ遠方から来る人への宿泊施設

東京都外から高尾山へ一泊旅行をしたいなら、まずおすすめなのがJR立川駅付近のホテルです。

まず「ホテルマイステイズ立川」。立川駅徒歩7分です。素泊まり(食事なし)でツインルーム、1人あたり4500円。朝食付きで5500円です。

次に「パレスホテル立川」。立川駅北口3分。羽田・成田空港よりリムジンバスあり。
朝食付きで約1万円。

そして京王線調布駅前にもホテルがあります。パルコの上層部です。
「調布クレストンホテル」。調布駅北口徒歩1分。朝食付きで約1万円。

6.まとめ

高尾山は私にとってなじみの深い山です。なにせ小学生のときから登っているのですから。しかし、最近は病気のせいもあり、行っていません。599ミュージアムなんて今回調べて初めて知りました。
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

名所・旧跡
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!