凧の作り方 画用紙で簡単にできる 子どもさんと一緒 百均で?

01月

お正月の楽しみ方のひとつといえば、凧揚げですね。私も小さい頃父親と一緒に凧揚げをして遊びました。今日は画用紙1枚で簡単にできる、凧の作り方について説明します。そして凧はどこで買えるか紹介します。

1.画用紙で凧を作りましょう

用意するもの

・画用紙(八つ切り 392×271mm)百均ショップで買えます
・たこ糸 百均ショップで買えます
・凧のしっぽ用の紙(A4サイズの紙を切ってつなげたものなど)
・セロハンテープ

では作り方です。

まず画用紙に好きな絵を描きます。

そして縦半分に山折りします。

画用紙の折り目線の上から10cmくらいのところにきりで穴を開けます。

画用紙の前からたこ糸を穴に通して、後ろで結び、固定します。

凧のしっぽ用の紙を、画用紙の裏へセロハンテープでくっつけます。

これでできあがりです。簡単でしょう?

参考:がようし凧~3つの材料で簡単に作れちゃう手作りだこ~「ほいくる」

2.凧の通販

はたして、この「画用紙凧」がうまくあがるのかどうか、やや心配ですね。

凧は通販でも売っています。しかし送料が高い(600円~700円)のが難点です。
そんななか、定価223円、送料290円の凧を見つけました。

こちらです。

これなら高い出費をせずに済むのではないでしょうか。

もっと調べていくと、百均ショップ(ダイソー)で凧が売っているとの情報に巡り合いました。しかもたこ糸つき。なんとうれしいではありませんか。

「結構よく揚がる」と評判のようです。百均ショップはほんと何でも売っていますね。

3.凧揚げの思い出(子ども編)

私が小学生の頃、父親と凧揚げを楽しみました。

近くに大学のキャンパスがあり、そこで揚げたのです。

5階建てくらいの建物でしょうか、その建物の上に凧が揚がったとき、風がやんで、建物の屋上に落ちてしまいました。

たこ糸を引っ張っても、柵があり、凧を手元に下げることができません。

しばらく下げようと努力しましたが、残念ながら下げられず。

しかたなく、そのまま凧をおいて帰りました。

冬休みがあけて、登校した学生さんは驚いたでしょうね。

4.凧揚げの思い出(父親編)

そして、私が父親になり、息子と凧揚げをして遊びました。

家の近くに河原があり、障害物がないので、一緒に凧揚げをしました。

このときはおもちゃ屋さんで凧を買ってきた記憶があります。

ほかに凧揚げで遊んでいる子どももいましたが、広さが十分にあるため、離れた場所で揚げることができました。

5.まとめ

お正月の伝統的な遊びが代々伝えられていると思うと、うれしくなります。

全国で「凧揚げ大会」が開催されていますので、興味のある方は調べてみるとよいでしょう。

凧揚げは適度に風のある日が最適

○今日の名言

いいじゃないか、
5年道草をくったら、
5年遅く生まれて来たと思うのだ。
(吉川英治)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

コメント

error: Content is protected !!