統合失調症で眠れない!どう対処したらいいのか

ベッド 対処法

私は統合失調症です。睡眠について、22時に眠り、6時に起床すると決めています。

「決めています」と書いたのは、実際はそうではないからです。

統合失調症で眠れないときにどう対処したらいいのか、考えてみます。

1.統合失調症による早朝覚醒

私は、統合失調症による早朝覚醒に悩まされています。

アラームは6時にセットしてあるのですが、目が覚めるのは5時、早いときは4時に目が覚めて、眠れなくなります。

精神科に通院しており、薬を処方されています。

薬を変更して、2か月前頃には、いったん早朝覚醒がなくなったのですが、この2か月間、また早朝覚醒になっています。

そしてその反動として、昼間に眠くなるのです。

昼食後など、座椅子に座ってこたつに入りながら、30分ほど仮眠をします。

私は昼間、パソコンに向かっていることが多いです。
テレビはまったく見ません。ラジオも聞きません。

ただ、パソコンでの作業の途中に、YouTubeで音楽を聴くことはあります。

昼間はもっぱらWebライティングの勉強をしています。

5時に起床して、6時に朝食をとるまで、メールチェックなど、パソコンを開いてしまいます。

2.入眠障害

横になっても眠れないことを入眠障害と呼びます。私は睡眠薬を飲んでいるので、入眠障害はありません。

ところが昨夜は、通常の睡眠薬を飲み、追加の睡眠薬を飲んだのですが、0時になっても眠れませんでした

これは頭が興奮していたからです。

突然「ホームページを作りたい」と思い立ったのです。

今のようにブログがさかんになる前は、個人でホームページを作るのが流行っていました。

今でも個人で物販などをしている人は、ホームページを開いています。

私は布団の中でスマホを見て、ホームページについて調べ始めました。

でもホームページを作っても、訪問者をどう呼び込むかだな、などと考えて、やはりブログだろうと思い直しました。

そしてあるワードプレスの有料テーマのことに思い至ったのです。
このテーマを使えば、私が目指しているようなブログが作れるぞ、と考えたのです。

3.午前中に眠る

そして、今朝は5時に目が覚めました。眠たくなったので、朝起きてきた妻に、「これから寝る」といって7時に再び布団に入りました。

そして11時半まで眠ってしまいました。

私の統合失調症のもう一つの問題に、意欲の減退があります。

今Webライティングの勉強をしているといいましたが、同時に自分のブログ(このブログ)も更新しています。

今日のお昼に目が覚めたときは、「面倒くさいからブログの更新はしないでいいか」とも考えました。

しかし「一日をムダにしてはいけない」と思い直し、原稿作成にとりかかりました。

4.入眠障害の原因

今回の入眠障害の原因は明らかです。
布団の中でスマホを開いたことです。

夜中に考え事をしてはいけないのに、してしまったのです。

そしてもう一つ、原因があります。

それは慢性的な運動不足です。

私は引きこもりで、ほとんど外出することがありません。
よくウォーキングがよいと聞きますが、とてもじゃないがやる気が起こりません。

体が疲れていないので、ぐっすり眠れないのでしょう。

5.眠れなくてもしょうがないか

一晩くらい、眠れない日があってもしょうがないか、と考えます。

「考え事をするな」というのは簡単です。

しかしアイデアが次々と浮かんできて、ノートにメモをしていくと、全然眠くなりません。

これが続くようであれば問題ですが、たまにはこういう夜もあるでしょう。

父さん
父さん

果たして今日は眠れるかな

母さん
母さん

今から心配しないことですよ

6.入眠障害の対応策

入眠障害の対応策は、当たり前のことですが、規則正しい生活と服薬、そして夜中に考え事をしそうになったときは「ストップ! 続きは明日考えよう」と思うことです。

スマホなどもってのほかです。

日中の運動も大切です。

私は毎日室内でできる簡単な運動をしています。

これに加えるべく、ネットで運動法を探しました。
まだ実践はできていませんが。

早朝覚醒の対策は、もうあきらめました。

一日パソコンに向かっていると、夕食後など疲れて、コタツで横になろうとしてしまいます。ここで我慢。

音楽を聴いて、横にならない工夫をしたいです。読書などもいいですね。

7.まとめ

なにごとも、完璧を目指さないことです。

それは私も病気を治したいとは考えていますが、急に治るものでもありません。

「すぐに思い通りにならないのが当たり前」くらいに思っているほうがいいようです。

いやいや、待てよ。一日、二日はいいですが、基本的には目標を立てて、それに向かって努力を積み重ねていかなければいけません。

病気を言い訳にしてはいけないのです。

一日1mmでも前に進むことです。

これから暗中模索しながら、前に進む道を見つけていきたいです。

ポイント

  • 布団に入ってからスマホを見てはいけない
  • 適度に体を動かすこと
  • 努力は人を裏切らない

(アイキャッチ画像:FineGraphicsさんによる写真ACからの写真)

対処法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!