Twitterのブロックとミュート いやな相手からのDMを受けない

一般

Twitterをやっていると、いい人ばかりにあたるとは限りません。

親しくもないのに、毎日無差別にDMを送ってくるなど、付き合いたくない人もでてきます。

そんなときのブロック、ミュートといった対応方法について説明します。

1.Twitterのブロックとは

Twitterのブロックとは、最終手段です。まず、ブロックのやり方について説明します。
(以下、iPhoneの場合で説明します)

ツイートから行なう方法とプロフィールから行なう方法があります。

今回は、DMの拒否をするためですから、プロフィールからブロックします

相手のプロフィール画面に行き、右上の丸が3つ並んでいるところをタップします。

○○さんをブロックする」をタップすると「ブロック中」と表示されます。

ブロックをすると、今までフォローしていた関係がお互いに切れます。

2.Twitterのブロックの効果

Twitterでブロックすると、された相手には次のような効果が現れます。

  • あなたをフォローすることができない
  • あなたにダイレクトメッセージを送ることができない
  • あなたのツイートを見ることができない

以上がもっとも重要な効果です。

父さん
父さん

いやなDMを避けるにはしかたがないな

母さん
母さん

無理して相手に合わせる必要はないですよ

3.ブロック解除の方法

ブロックを解除するには、メッセージの履歴からブロックした相手をタップして、同じく右上のボタンから、「○○さんのブロックを解除する」を選びます。

ブロックすると、フォローが外れてしまうので、解除の際に、もう一度フォローをし直す必要があります。

ちなみに、ブロックすると、検索しても、「○○の検索結果はありません」と表示されます。

後日、だれをブロックしたかわからなくなったとき、検索する方法を説明します。

ブロックした相手を検索結果に表示させるには、

図の検索設定をタップします。すると「サーチ設定」の画面になります。

ここで、「ブロックしているアカウントとミュートしているアカウントを除外する」の右側のチェックマークをはずします。

すると検索結果に表示されるようになります。

4.ブロックしたことは相手にわかるのか

ブロックをした場合に、その相手からブロックされているということはわかるのでしょうか。

これは、相手が自分のプロフィールを見ようとしたときに、見られなくなりますから、ブロックをされているのだなということがわかります。

5.Twitterのミュートとは

Twitterのミュートは、ブロックほど強い力はありません。

ミュートとは、フォロー関係を維持したまま、特定の相手のツイートを表示させなくする機能です。
不快なツイートを連発する相手を、ミュートしてしまえば、タイムラインに表示されることがなくなります。

ミュートのやり方は、ブロック同様、ツイートから行なう方法と、プロフィールから行なう方法があります。

ここではツイートから行なう方法を説明します。

ツイート右側の下▽印をタップします。

「○○さんをミュート」というところがありますので、そこをタップします。

6.Twitterのミュートの効果

ミュートの効果は、フォローしているかどうかによって変わってきます。

フォローしている場合、ミュートしていても、返信や@ツイートは通知タブ(ベルのマーク)に表示されます。

一方、フォローしていない場合にミュートすると、返信や@ツイートは通知タブに表示されません。

7.ミュート解除の方法

ミュートを解除するには、相手のプロフィール画面へ行きます。

「このアカウントの通知をミュートしています」の横にある「ミュート解除」をタップします。

誰をミュートしていたかわからなくなったときは、自分のプロフィール画面を表示させて、「設定とプライバシー」を選択します。

「プライバシーとセキュリティ」をタップします。

続いて画面を下にスクロールさせて、「セキュリティ」というところを見つけます。

そこに「ミュート中」という部分があるので、タップするとミュートしているアカウントがわかります。

右側の赤いスピーカーに斜線の入ったマークをタップすると、相手のプロフィール画面にいきますので、再び赤いスピーカーに斜線が入っているマークを押して、「○○さんのミュートを解除」を選択します。

8.ミュートしたことは相手にわかるのか

ミュートをしていることが相手にわかるかということについては、ブロックと違い、まずわからないといっていいでしょう。

9.まとめ

以上、Twitterでいやな相手からのDMを受けないようにするために、「ブロック」という方法があることを説明しました。
また類似機能として「ミュート」にも触れました。

Twitterの世界にはいろいろな人がいます。

どうしても自分と合わない人に出くわすこともあるでしょう。

そんなときの対処法を知っておくと便利です。

ブロック機能は強力なので慎重に使おう

人気ブログランキングはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました