Twitterのスポンサー制度とは何か?私もやってます

Twitter

Twitterを見ていると、ときどき「スポンサー様募集」というツイートを見かけることがあるでしょう。

スポンサー制度というのはどういうものでしょうか。

すでに実践されていて、よく知っている方は今日の記事を読まなくて結構です。

1.スポンサー制度

たとえば、Aさんがスポンサー様を探していたとします。

スポンサーとはお金を払って、Aさんを支援する人のことをいいます。

そこでBさんという人がスポンサーについたとします。

Bさんは、Aさんのスポンサーとなり、Aさんに報酬を支払います。

その代わりに、Bさん自身のツイートをリツイートしてもらって拡散したり、Bさんの紹介記事を書いてもらったりして、自分の知名度を上げていくわけです。

2.私のスポンサー様

私は、2020年3月からスポンサー様についていただき、3月分、4月分と報酬を得ました。

私は今8000名を超えるフォロワーさんをもっています。

フォロワーさんの数だけが影響力を示す数字ではなく、インプレッションと言ってその人のツイートがどれだけ参照されたかといった点も影響力の尺度として使われます。

しかしフォロワーさんの数が一指標となることは間違いありません。

私は自分が1000フォロワーさんだったころ、3000フォロワーさんの人をみて、「すごいな、この人はずいぶん人気があるんだな」と思ってその人の主催する有料オンラインサロンへ申し込みました。

結局そのサロンは私の役に立つものではなかったので、1か月で退会しましたが。

3.スポンサー様になってもらうには

[ad]

スポンサー様を見つけるには、やはり自分の実力がついていることが前提です。

だいたい3000フォロワーさんくらいになれば、一定程度の力は付いているとみてよいでしょう。

他の人の募集ツイートを参考に、固定ツイートに書きましょう。

一度に2人以上といった複数のスポンサー様をもっている方もいます。

4.スポンサー様がついてくれたことのうれしさ

2020年2月17日、私の3月分のスポンサー様が決まり、1500円入金をしていただきました。

私はこの日を一生忘れないでしょう。

私はチームマネタイズというサロンに入って、スポンサー制度というものを知りました。

月2000円にすべきだという意見ももらいましたが、初回だったため、1500円としました。

人のお役に立てて報酬がいただける。本当にありがたい制度です。

父さん
父さん

ちなみにヒロハッピーは以前無料スポンサーというのをやっていたな

 

母さん
母さん

スポンサー制度とはどういうものかを知るための、貴重な機会となりましたね

5.スポンサー制度に否定的な人も

スポンサー制度というものに、否定的な態度をとっている方もいらっしゃいます。

その方の主張は、「拡散グループ」の存在を例にあげています。

自分のツイートを拡散してもらうなら、個人に頼らずに、拡散グループにはいればよいというのです。

しかし、私はすべて「拡散グループ」が優れているとは考えません。

なぜなら、グループに入ると、本来賛成できない意見のツイートもリツイートしなければなりません。

自分の意思に反するリツイートをしなければならないわけです。

これは道義的に悩みます。

父さん
父さん

話は違うが、エロのアカウントからいいねがくることがあるな

母さん
母さん

即刻ミュートですね

6.まとめ

Twitter収益化もいろいろな方法があります。

スポンサー制度はそのひとつです。

また大規模な相互フォロー企画をやっているときもありますね。

なにごとも楽しみながらやることが大切です。

・スポンサー様から報酬をいただいて拡散
・お役に立ててうれしい

ブログランキングに登録しました。1日1回、ぽちっと応援よろしくお願いします。


備忘録・雑記ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました