Twitterの画像 ヘッダーの作成方法

一般

今日はTwitterのヘッダー画像の作成という記事です。

プロフィール欄を見に来てくださった方のために、インパクトのあるヘッダー画像がほしいですね。

1.ヘッダー画像の作成

ヘッダー画像を設定していないと、こんな感じ。青一色ですね。

まずはグーグルで「Twitter ヘッダー画像 フリー」で検索します。

あっさり、こんなサイトを発見しました。

「Twitterのヘッダー画像に使える画像集」

ここから気に入ったデザインをダウンロードします。

「新デザイン向け」でいいみたい。

2.ヘッダー画像の設定

では次に、ヘッダー画像の設定について調べてみます。

こちらのサイトが参考になります。

「Twitterのヘッダー画像を設定する方法」

自分のプロフィール画面へ行き、「プロフィールを編集する」を押します。

「ヘッダー画像を設定を追加する」を押します。

「画像をアップロード」を押します。

ものは試し、変更せずにそのまま適用してみましょう。

ちょうどプロフィール画像の円形の半分が重なります。

あとは「変更を保存」を押すだけ。

3.画像を明るくしてみる

これだけだと、記事がここで終わってしまう(汗)

なので、ちょっと画像に手を加えます。

なんとなく、もう少し明るくしたいなと思いました。

そこで「JTrim」の登場。

「JTrim」は画像加工ツールです。

こちらからダウンロードできます。

はい。「窓の杜」からのダウンロードページですね。

そしてJTrimを起動します。

これで先ほどの画像を開きます。

サイズが1500×500と推奨サイズになっていることがわかります。

ボタンがたくさんあってわかりづらいかもしれません。

上から3段目、左から4番目のボタン(赤枠で囲ったところ)が「明るさ変更」のボタンです。

ここを押すと、スライドバーで調節する画面になります。

右側の数値ボックスを増減しても調節できます。

ここでは明るさを「50」にしてみました。

画像に「名前を付けて保存」を行ないます。

再度Twitterのヘッダー画像を設定するところへ戻ります。

そして同じように画像をアップロードしましょう。

4.ヘッダー画像の設定完了

なんとまあ、あっさりと変更できてしまうものですね。

今回は「海」の画像にしましたが、季節ごとに画像を変えても面白いかもしれませんね。

5.まとめ

今回は「面倒だと思っていたのにやってみたら超簡単だった」というテーマでした。

これからもヒロハッピー(@hirohappy117)をよろしくお願いいたします。

これで終わりかよ! もっとしっかりせい!

「どーもすみません」(先代の林家三平 ってたとえが古いよ!)

では小ネタをひとつ。

私はメガネをかけています。

昨日の昼間、メガネのレンズを支えるワイヤーが外れてしまい、レンズがぽろっと落ちてしまいました。レンズの下の部分が、フレームではなく、ワイヤーだったのです。

予備のメガネをかけて、電車で一駅のメガネ屋さんへ。スマホの会員証を見せます。

「2015年に買ったものですね」と店員さん。もうそんなになるのか。

修理に日にちがかかるかな、と思っていたのですが、その場で直してくれました。
「両側のワイヤーを取り替えておきましたから」といわれました。もちろん無料。

なんにせよ、よかった。

今日の名言

「自分自身を信じてみるだけでいい。
きっと、生きる道が見えてくる」(ゲーテ)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

一般
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!