運動不足を簡単に解消しよう

対処法

昨日の記事で、「早朝覚醒」は「昼間の運動不足」からきているのではないかと述べました。
そこで、散歩のほかに、室内でできる運動を行なうことにしました。

と、その前に、昨日の睡眠状況についてお知らせします。

1.昨日の睡眠状況

昨日は午前2時に目が覚めました。ふらふらになりながら、追加の眠剤(睡眠薬のことを業界用語で「眠剤」といいます)を飲みました。

以前入院していたころ、就寝21時、起床6時で、午前2時までは追加眠剤を飲んでよい、と言われていたので、その決まりを守っています。

妻が眠っている和室から、女の人がすすり泣くような声が。

ふすまをノックして、「何?」と聞きます。
妻が「え? 何?」と目を覚まします。

「あ、なんでもないね」と答えました。

どうやら風の音だったようです。

2.運動不足を解消する本

私が運動不足を解消する本として選んだのが、『60歳から始める寝たきりにならない筋力づくり』周東寛(コスモ21)です。

私ももう56歳。だいぶ以前、市立体育館へ通って筋力トレーニングをしたこともありました。

しかし、長続きしませんでした。

この『60歳から始める寝たきりにならない筋力づくり』は以下のようなメニューからなっています。

・スクワット
・仮想ボール蹴り運動
・膝の屈伸運動
・かかと持ち上げ運動
・ゴキブリ体操(もっとほかのネーミングはなかったのでしょうか)
・つま先立ち運動
・片足立ち運動
・両ひざ引き上げ運動
・両ひざ横倒し運動
・中高年向き腹筋運動
・YMA体操
・中高年向き腕立て伏せ運動
・バッククロスアーチ
・仮想ボール抱え込み運動

決してハードな運動ではありません。しかし私のようにほとんど運動しない者にとっては、貴重な活動です。

この本は約1年前に買いましたが、運動をしたりしなかったり、断続的に続けていました。

今日からは、毎日この一連の運動をするつもりです。

それが「早朝覚醒」対策になってくれるとうれしいのですが。

3.ふくらはぎのマッサージ

また、毎朝やっているのが「ふくらはぎのマッサージ」です。

これは『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』槙孝子(アスコム)という本に載っている方法です。2013年に本を買いましたが、46万部突破というベストセラーになっています。

このマッサージは今日で154日目となっています。

お風呂に入って体を洗う時も、ふくらはぎから始めています。

4.まとめ

昨日は最寄りの駅まで散歩しました。3000歩
私は毎日「アリナミン7」か「オロナミンC」を飲んでいたのですが、これはやめることにしました。
疲れているときは「アリナミン7」。
そうでもないときは「オロナミンC」。

やめたのは、ふだんから飲んでいると「ここぞ」というときに効かないのではないかと思ったからです。

昨日の散歩は曇りだったので日傘なし。風が強かったです。

なんにせよ、運動は毎日続けてこそ意味があるもの。ブログに書いたことをきっかけに、これから行なっていきたいですね。

○今日の名言

準備万端の人にチャンスが訪れることを
幸運と呼ぶの。
(オプラ・ウィンフリー アメリカのテレビ司会者)

人気ブログランキングはこちら

それでは最後に、「ありがとう」

対処法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!