占いとはどういうことか・占いと科学の違い(2)

占い一般

昨日の記事からの続きです。

1.占いと科学の違い

私が思うに、科学とは仮説をたてて、観察・実験をくり返し、再現性を確認、そこから一定の法則を導き出すというものです。

科学において、法則として確立したものは、万人に等しく作用します。
それは個人の意思とは無関係です。

一方、占いでは、「あなたの運勢はこれこれですよ」と説明されても、占ってもらった人次第でその内容の受け止め方が異なるでしょう。

昨日の繰り返しになりますが、占ってもらった個人の意思が入り込む余地があるのです。

素直な方は、自分が占ってもらったことを「すごい! 当たってる」と思うでしょう。
私も、孫が生まれる前に、「新しい家族が増えるでしょう」という占いの結果が出て、
「うーん、どうしてわかったのだろう」とあとで不思議に思ったことがあります。

ところが、そもそも占いというものに対して疑いの心をもっている方は、「占いで人生なんて当てることはできない。ぜんぜんはずれだね」と思うでしょう。

占いで未来を予測した際、当然のことながら、当たる場合もあれば当たらない場合もあるわけです。

ここが科学と大きく違うところです。

2. 占いの存在理由

ではなぜ、今でも数多くの占いがあり、人々はお金を払ってまで占ってもらおうと思うのでしょうか。

『占いの謎』の著者は、

どんなに科学が進歩しようと、占いに頼る人がいなくなることはないだろう

と、文化人類学の観点から指摘しています。

占いは古代からあり、現在まで引き継がれていて、将来も続く、と主張しているのですね。

日常生活は「選択」の連続です。

どこの会社に勤めるのか。
結婚するのか、しないのか。
専業主婦か、ワーキングマザーか。
今日の晩ご飯のおかずは何にするか(笑)

そしてふと立ち止まったとき。
自分の選択は間違っていなかったのだろうか、と思う人もいるかもしれません。

しかし、過去のことを変えるわけにはいきません。
(過去のことの受け止め方を変えることはできます。)

では未来はどうでしょう。

これからどちらの方向に向かって進めばいいのだろうか、と思うことがあるかも
しれないですね。

そんな時、ちょっとピリッとした刺激をくれるのが、占いです。

(まあ晩ご飯のおかずを占ってもらう人はいないでしょうが)

3. 占いが「当たる」「当たらない」ということ

そもそも占いが「当たる」「当たらない」という問題の立て方が間違っているということはないでしょうか。

なにか未来のことを言い当ててみることが占いの本質ではなく、望ましい未来について、今行動すべきことは何かを教えてくれるのが「占い」だと思います。

ここらへんは、占いの手法によって、いろいろな説が出てくることでしょう。

ただ私はおどろおどろしい雰囲気で「あなたは今後このようになる」と半ば脅かされるような占いというのは受けたくありません。「幸せの壺を買いなさい」とかね(笑)

たとえば占いで「これから開運するには、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう」と出たとしたら、「ああ、感謝が大事なんだな」と素直に受け止めることができます。

あくまで今にスポットをあてて、行動指針のアドバイスをもらえるなら、占ってもらう価値は大いにあると思うのです。

4. 占いと科学は共存共栄

結局のところ、「占い」はなくなりませんので、「科学」と共存共栄していくものと思われます。

私はガリガリの占い信者ではありませんので、満月(新月?)の日にお祈りをするようなことはしません。

先日、専門業者にメール占いをしてもらいましたので、その結果をノートに書き写し、毎日何回も読み返しています。

もちろんその回答の中に、「科学」に反するようなことは書いてありません

あなたも何か悩みを抱えていて、行き詰まっているのなら、一度占いをしてみるのも手かもしれません。

占いの方法はこちら

3000円のメール占いをたった700円で実現した私のお得技

5. まとめ

以上、2回にわたって、「占い」と「科学」の関係について考えてみました。

行動を選択するのは自分自身です。

「占いでこうでたから、○○する」というのではなく、「占いでこのような結果になったから、それを参考にしながら、自分自身で人生を切り開いていく」という姿勢が大切でしょう。

ポイント

  • 科学が進歩しても、占いがなくなるということはない
  • 占いは「当たる」「当たらない」というものではない

(アイキャッチ画像:アディさんによる写真ACからの写真)

占い一般
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!