統合失調症でやる気がでない!その原因と対策

こたつ 対処法

私は統合失調症になって8年たっています。昨夜は、22時就寝、6時起床で、一度も中途覚醒がありませんでした。

眠気もなく、ベストコンディション、と思いながら、ブログを書く気力がでません。

とりあえず気分転換のため近くのコンビニへ行きました。

1.統合失調症でやる気がでない原因

統合失調症でやる気がでないのは、「陰性症状」と呼ばれるものからくるのです。

興味・関心の低下、家族関係からの離脱、とにかく何もかもしたくなくなる、という状態です。

私はりっぱな引きこもりです。先ほど「コンビニへ行きました」と書きましたが、ふだん外出するのは徒歩5分のコンビニのみが限界です。

私の電車の最寄り駅には、商店街がなくて、たとえば喫茶店にいくとしても、電車で一駅乗らなければなりません。

とてもじゃありませんが、電車に乗って出かける気にはなれません。

私は、統合失調症で作業所に通っている人を尊敬します。病気をもちながら、働いている。すばらしいことだと思います。

2.陰性症状への対策

ではやる気がでないといった陰性症状への対策はあるのでしょうか。

これは、まず服薬です。「非定型抗精神病薬」と呼ばれる薬が、陰性症状への対策となるそうです。

「定型抗精神病薬」は幻覚、幻聴などの陽性症状へ効きます。「非定型抗精神病薬」は陰性症状に効くそうです。

私が飲んでいる「非定型抗精神病薬」は、オランザピン(ジプレキサ)、クエチアピンです。

そのほかに睡眠薬など、就寝前の薬は8錠にもなります。

3.ものの考え方

陰性症状への対策として、ものの考え方があげられます。

あなたも「諸行無常」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

すべてのものは移り変わりゆくものなのです。

なにもこれは、悲しいこととか、むなしいこととは違います。

たとえやる気が出ないと思っていても、作業を始めれば、自然とリズムにのることができます。

「常(つね)」(=不変なもの)はないのです。

あなたが今、「やる気がでない」と思っていたとしても、明日になれば考えが変わるかもしれません。

4.その仕事は先延ばしできないか?

会社員の方、作業所で働いている方にはむずかしいかもしれません。

しかし私のように、在宅ワーカーの場合、「その仕事は先延ばしできないか」と考えます。

自分で過密なスケジュールを入れてしまい、結局できなかったと嘆くよりは、60%くらいの作業量にしておいて、「続きはまた明日。やる気がでてから」と思うようにするのです。

5.ノートに書いて自己暗示をかける

それから、自分のしたいこと、すべきことをノートに書き出して、10回同じものを書くことです。私は「○○の仕事、うまくいく、うまくいく……」と10回書いています。

また「ツイてる」と唱えて、「正」の字を書いて100回勘定しています。これは自己暗示です。

これで済むのですから楽なものです。

本当は潜在意識という深い問題と関わってくるのですが、今日のところは深入りしないようにします。

「ツイてる」というのは斎藤一人(さいとうひとり)さんの本から教わった方法です。

父さん
父さん

私はツイてるのかな

 

母さん
母さん

そうですよ、この平和な国、平和な時代に生まれ育ったのですから

6.まとめ

以上、統合失調症でやる気が出ない原因と、私の対策について説明してきました。

実はここまで昼食前に書き、昼食をとってから、YouTubeを聞いていたら~まさかの寝落ち

こたつに入っていて(電源は入れていない)、南向きのリビングにいるため、とてもいい気持ちになってしまったのです。

朝から「やる気が出ない」と思っていても、ブログ1記事書くことができるのです。

ポイント

  • 統合失調症の陰性症状へは薬物療法
  • ものの考え方を変える
  • 仕事の先延ばしを考える
  • 自己暗示をかける

(アイキャッチ画像:なかがわ なおきさんによる写真ACからの写真)

対処法
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!