夜回り先生(水谷修)はうつ病で活動終了? サイト閉鎖

繁華街 ニュース

夜回り先生こと水谷修さんが、自身のサイトで閉鎖をほのめかす投稿をしました。
いったい何があったのでしょうか。

1. 夜回り先生とは

夜回り先生こと水谷修さんは、1956年5月8日生まれ。

高等学校の教諭を務めています。

2000年頃から、夜の繁華街をめぐり、子どもたちを救う活動を行なったことで、「夜回り先生」と呼ばれました。

その後、本を出版したり、全国で講演会を行なったり、多方面にわたって活動していました。

2. 夜回り先生はガンだった

出典:Twitter

水谷修さんは、2014年と2015年に胃と腸のガンにかかりました。

手術は成功して、無事元の身体に戻りました。

それにしても、本人は明らかにしていませんが、後遺症が残っていたのかもしれません。

あるいは体力が弱ってしまったとも考えられます。

3. 夏休みに入って相談が急増

水谷修さんのサイトに関連しては次のように述べられています。

2019年7月29日には「夏休みに入ったせいでしょう。女子中学生、女子高校生の親からの相談が続いています」と、子どもたちの休みに合わせて相談件数が増えたことを告白。(略)新学期に向けて「私にとって一番怖い1カ月が始まります。頑張らないと」と自身を奮い立たせていたようでした。

出典:ねとらぼ

4. 水谷修さんのサイト閉鎖宣言

ところが8月21日には、「さようなら。もう、疲れました」という文言がサイトに掲載されました。

出典:Twitter

本を出版しているのに、それを読んでくれずに相談してくる人たちについて、途方にくれていたのかもしれません。

5. 水谷修さんはうつ病なのか

水谷修さんがうつ病なのかどうかは、はっきりしていませんが、「もう、疲れました」という言葉には、つらい気分が込められているのがわかります。

私もかつて「うつ病」でした(現在は統合失調症)。

なので、よくわかるのです。

もう何もかも面倒になる。ほとほと疲れ果てました。

私はあるカウンセラーさんのメルマガを読んでいるのですが、昨日、本当に苦しくなって、「もう消え入りたいです」とメールを送りました。

すぐさま返事が戻ってきて、「そんなことは絶対やめてくださいね」と書いてありました。

私もわかっています。

しかし一晩寝て、起きてみても、落ち込んだ気持ちが続いています。

父さん
父さん

心の病気というのは本当にやっかいだな

母さん
母さん

このつらさはなったことのある人しかわからないでしょうね

6. そもそも公的機関が相談にのるべき

水谷修さんの活動はすばらしいですが、本来個人で対応すべき問題ではなく、学校・自治体など公的機関が受け止めなければいけない問題です。

なぜ学校への不信感が生まれてしまうのか。

教師にも、メンタルヘルスに関する研修をもっと多く受けさせるべきです。

養護教諭でもいいかもしれません。

私もかつて「いのちの電話」に何度も電話をかけたことがありましたが、話し中で全然つながりませんでした。

7. まとめ

もう水谷修さんには、いい意味で引退していただきたいです。

正義感の強い方ですから、また復活なさるかもしれませんが、無理のない範囲で活動してもらいたいです。

ポイント

  • 夜回り先生が活動休止
  • かつてはガンに侵されていた
  • ゆっくり休んでもらいたい

(アイキャッチ画像:kkphotoさんによる写真ACからの写真)

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ヒロハッピーをフォローする
スポンサーリンク
ありがとうログ

コメント

error: Content is protected !!