ゆりめりの新作「アオイハル」公開!キミはもう見たか

教室 ニュース

姉妹で歌手の「ゆりめり」の新作ミュージックドラマ「アオイハル」が2020年2月29日19:00にYouTubeで公開されました。

ゆりめりとはどんな歌手なのか、ミュージックビデオに出てくる女の子は誰なのかを、さっそくチェックしてみました。

1.姉妹デュオゆりめりとは

「ゆりめり」とは、姉Yui19歳、妹Mei16歳の二人からなる歌手です。
滋賀県出身です。まだWikipediaには登録されていません。

---ゆりめりのプロフィールなんてとっくに知ってるよ、という方は、見出し4まですっ飛んでいただいて、ヒロハッピー初公開秘話が載っていますので、そちらをご覧ください。---

姉Yuiはヴォーカル、キーボード、ギター担当、妹Meiはヴォーカル、カフォン担当です。

カフォンとは両手で叩く打楽器のことです。

2010年から活動を開始しましたので、当時は姉9歳前後、妹6歳前後だったわけです。

持って生まれた才能があったのでしょうか。

そして2019年10月、Yuiが作詞作曲した「メトロノーム」という曲でYouTubeデビューを果たしました。

2.アオイハルのミュージックドラマはこちら

アオイハルのミュージックドラマはこちらです。

ゆりめり「アオイハル」MusicDrama ゆな/石川翔鈴

おそらくは高校が舞台なのでしょう、卒業をテーマにしたドラマとなっています。

出演しているのは、Popteen専属モデルのゆな(15歳)とAbemaTVで人気の石川翔鈴(いしかわかれん)(18歳)です。

中学生と高校生の2人によるミュージックドラマは、写真を連続して見せるもので、フォトアルバムのような「思い出」感が強くなっています。

3.ゆりめりの楽曲

ゆりめりが提供してきた楽曲は以下のとおりです。
メトロノーム(2019年10月5日)
ブラックアゲート(2019年10月12日)
チョコレート(2019年10月19日)
オレンジ(2019年10月26日)
キラキラ(2019年11月2日)
12/13(2019年12月19日)
SING(2020年1月11日)、

そして今回の「アオイハル」です。

なかでも「オレンジ」は片思いの女の子の心情を描いていて、人気の作品となっています。

ゆりめりの公式サイトはこちら

4.ゆりめりの「アオイハル」を見た感想

スポンサーリンク

私は今58歳で、高校生時代は40年ほど前になるわけですが、「アオイハル」に出てくる、教室の机、黒板とチョーク、体育館のバスケットゴールなど、鮮明に記憶からよみがえってきました。

当時は大人になったらどんな生活をしているかなんて想像もできずにいました。

また、私の父親は、私が高校1年生のときに、45歳で亡くなっています。

そのとき、クラスのみんなが、一枚一枚手紙を書いてくれました。

今でも大事にとってあります。

父親は病気で入院中に亡くなりました。

母からの電話を弟が受けました。

「お父さんが死んじゃったって」

私はまったく実感がわきませんでした。

なので親の死に目にはあえていません。

私は父が無言の帰宅をした夜、涙があふれてとまりませんでした。

そして葬儀の時も泣いていました。

どうしてもっとやさしい言葉をかけてあげなかったのだろう。

正直、私は父親へいい感情をもっていませんでした。

父親は大酒飲みで、母と衝突していました。

肝臓をわずらっていました。

家族旅行の写真があるのですが、父親はいかにも具合が悪そうです。

今となっては、自分が具合が悪くても、子どもたちのために旅行に行く父親の愛情を感じますが、当時はちっともわかっていませんでした。

5.ゆりめりのファンのみなさんへ

ゆりめりのファンは、10代のかたが多いと思います。

私からのお願いです。お父さん、お母さんにやさしい言葉をかけてあげてください。

「おはよう」「ありがとう」だけでもいいです。

私も自分が父親になって分かったことですが、子どもというのは本当にかけがえのないものです。

いつ「永遠の別れ」がくるかは、誰にもわかりません。

私の高校生時代のクラスでは、45人のうち、すでに2人が亡くなっています。

また私は友人を20代、30代とひとりずつ亡くしています(たぶん二人とも過労死だったのだと思います)。

 

父さん
父さん

クラスの同級生といえば、58歳前で亡くなっているということだな

 

母さん
母さん

言葉もありません。気の毒としかいいようがないですね

6.高校生時代の恋

しめっぽい話が続きましたので、恋バナでもしましょう。

私は今でこそ闘病生活を送っていますが、高校時代、大学時代、社会人と、それぞれの段階で忘れることのできない経験を積み重ねてきました。

初恋は中学生の時でしたが、そのときはただなんとなく好意を持っている程度でした。

そして高校生になって本当の恋をしました。

私とその相手、私の男友達ともうひとりの女子、合計4人で私の家に集まった思い出があります。

けれど恋は進展しませんでした。

私が告白する勇気、デートに誘う勇気をもっていなかったからです。

そのため恋は自然消滅してしまいました。

今思ってもせつないですね。

私が初めて女性の手を握ったのは、24歳の時、彼女(今の妻)とデートしていたときでした。25歳で結婚しています。

6.まとめ

以上、ゆりめりの「アオイハル」から脱線して、ヒロハッピーの話になってしまいましたが、中高生のみなさんへどうしてもお伝えしたかったのです。

・ゆりめりの新作ミュージックドラマが公開
・「アオイハル」はちょっぴり悲しい卒業ソング

ブログランキングに登録しました。1日1回、ぽちっと応援よろしくお願いします。


備忘録・雑記ランキング

コメント

error: Content is protected !!